交通事故の後遺障害申請・異議申立・被害者請求 札幌の行政書士事務所

自賠責保険への請求

被害者が、自分のけがの治療費や慰謝料などを自分で自賠責保険に請求しなければならない場面がいくつかあります。それはどんなときでしょうか。幾つか例を挙げてみます。

 

被害者の責任割合が大きい場合

被害者の責任割合、いわゆる過失割合が大きい場合には、相手保険会社は治療費を払ってくれません。厳密に言うと、相手の過失割合分は払ってくれるのですが、病院への立て替え払いはしてくれません。ですので、その場合は、けがをした人は相手の車に付いている自賠責保険に「被害者請求」をしなければなりません(ただし、自分が加入している自動車保険に人身傷害がある場合は、その人身傷害保険から払ってもらえる場合があります。ご確認ください)。

 

相手が任意保険に入っていない場合

相手が任意保険に入っていて、かつ相手の責任割合が大きい場合には、通常は相手保険会社が病院に連絡してくれ、被害者が病院の窓口で治療費を払わなくてもいいようにしてくれます。しかし、相手が任意保険に入っていない場合にはそれができません。自賠責保険会社はそのようなことをしてくれません。

 

そのようなケースでも、誠意ある加害者であれば、被害者の治療費を立て替えて払ってくれますが、加害者の立て替え払いは数ヶ月にわたる治療の場合はあまり現実的ではありません。そんなときは、被害者が治療費をいったん立て替えて、後日自賠責保険に請求することができます(この場合も自分が加入している自動車保険に人身傷害がある場合は、その人身傷害保険から払ってもらえる場合があります。ご確認ください)。

 

後遺障害の申請をする場合

後遺障害の申請は、ぜひとも「被害者請求」で行うことをおすすめします。なぜでしょうか。なぜなら、被害者請求のほうが後遺障害認定に必要な証拠をそろえやすいからです。相手保険会社は、後遺障害認定のために何が必要なのかを決して教えてくれません。なぜなら、そんなことをすれば、結果的に自分の保険会社が支払う金額が大きく増えてしまうことになりかねないからです。

 

交通事故後遺障害に関するお問い合わせ先