交通事故の後遺障害申請・異議申立・被害者請求 札幌の行政書士事務所

後遺障害非該当と14級の違い

MRI検査の結果は認定に重要

非該当と14級の境目、線引きがどこにあるのかを見極めることは非常に難しいです。正直なところ、過去に弊所で申請させていただいた事案でも、「これは認定されないだろう」と感じるものがあっさり認定されたり、逆に「認定間違いなし」と感じていた事案が認定されないということもありました。自賠責調査事務所の決定が「ブラックボックス」と言われている由縁です。

 

これまでの経験から、どんなケースでは認定され、逆にどんなケースでは認定されないのか、幾つか事例を挙げてみたいと思います。

 

認定されないケース

1.病院への通院が少ない。
整骨院には毎日のように通院しているにも関わらず、整形外科などの病院にはほとんど通院していないケースでは後遺障害の認定はありません。なぜなら、後遺障害認定の根拠となっている自賠法(自動車損害賠償保障法)では「医師のー」と記載があり、後遺障害診断書は医師しか書くことができないからです。また、整骨院には通わず病院に通っていても、半年間で20回ほどしか通っていないというケースです。この場合も、必要な治療をしたとは見なされず認定は難しいと言えるでしょう(症状等にも依ります)。

 

2.事故日から最初の通院までの日数が空き過ぎている。
事故日からおおむね2週間空いていると、自賠責調査事務所では、その症状が「事故との因果関係無し」と判断します。別の原因でその症状が発症したのでは?との疑いが持たれます。実際に、事故後、仕事が忙しかったため、2週間後に初めて病院に通ったというようなケースでは、どんなに検査結果に異常があっても認定されていません。

 

3.痺れや痛みを訴えるものの検査結果がすべて「陰性」。
この3番目のケースでは、場合によっては認定もあり得ます。しかし、最近の傾向としては、通院日数は100日以上あるものの検査結果がすべて「異常なし」となる場合には認定はなかなか難しい状態です。

 

 


交通事故後遺障害に関するお問い合わせ先