交通事故の後遺障害申請・異議申立・被害者請求 札幌の行政書士事務所

自賠責の認定に納得がいかない場合

自賠責の結果に納得できない場合

事故相手の任意保険会社、または事故相手がかけている自賠責保険会社に後遺障害の申請をしても、その結果に納得がいかない場合は「異議申立(再申請)」をすることができます。しかし、異議申立をしても、結果は前回と同じ・・・。せっかく新たな検査をして、医証も付けて、時間もお金もかけて異議申立をしたのに、同じ結果だなんて・・・。

 

という、とても納得がいかないというケースはじつは少なくありません。異議申立はもちろん何度もできますが、何も対策を講じることなく、やみくもに異議申立をしても結果は何もかわりません。それが実状です。

 

そんなときはもう方法がないのでしょうか。いいえ、「最後の砦(とりで)」がまだあります。それは「自賠責(共済)紛争処理機構」に申請するという方法です。

 

この「自賠責(共済)紛争処理機構」で扱える案件がどのようなものか幾つか具体的に例を挙げてみます。たとえば、

 

  • 自賠責保険会社・共済組合から受けた等級認定に納得できないので申請したい。
  • 後遺障害の等級認定について、自賠責保険会社・共済組合の判断に異議を申し立てたが、その回答に納得できないので申請したい。
  • 任意保険会社・共済組合から、後遺障害の等級認定について事前認定の回答を受けたが納得できないので申請したい。

 

といったケースは、申請することができます。自賠責(共済)紛争処理機構への申請は、行政書士の業務です。交通事故紛争処理センターとは異なり、被害者の方がご自身で「自賠責(共済)紛争処理機構」に足を運ぶ必要はありません。ただし、「自賠責(共済)紛争処理機構」への申請は、一つの事案につき一度だけとなります。自賠責保険会社への異議申立と異なり、何度も申請できるものではないので注意が必要です。

 

逆にどんなケースでは、「自賠責(共済)紛争処理機構」に申請することができないのでしょうか。たとえば、

 

  • ・裁判で係争中の案件
  • ・他の紛争処理機関(例: そんぽADRセンター)で既に紛争解決または示談斡旋等を申し立てている案件
  • ・人身傷害補償型自動車保険会社・共済組合の等級認定に納得できないという案件

 

これらの事案は、自賠責(共済)紛争処理機構で扱うことができません。被害者のケースでは、どこに申請するのがベストなのか? それは弊所でもご相談を承ることができます。まずは一度ご相談ください。

 

※似た名称の団体として「交通事故紛争処理センター」という組織がありますが、これは「自賠責(共済)紛争処理機構」とは別の組織で役割も当然異なっています。

 


交通事故後遺障害に関するお問い合わせ先